インスタントラーメンは、簡単に作れてとても便利ですよね。だいたい5袋セットで売られていますが、とても安く、節約にもピッタリです。

ダイエット中でも食べてもいいの?と気になる人も多いと思いますが、ダイエット中に、絶対食べたらいけないもの、というのはありません!

控えた方が良いものはありますが・・・工夫次第ではなんでも食べてもいいんですよ。

これはダメ、あれもダメ、とストレスを感じるよりも、工夫して上手にとり入れていくことで、ダイエットが継続しやすくなります。

スポンサーリンク

さて、では、どのようにしたらインスタントラーメンが、ダイエット向きに変わるのでしょうか?ポイントを見ていきましょう。

麺の量を1/3減らす

インスタント麺は、麺を油で揚げているので、カロリーが高くなります。そして、麺なので、やはり炭水化物が多くなりますので、栄養バランスを良くするためにも、麺の量を減らすことは必須です。

最近はノンフライ麺もあるようなので、選んでみても良いかもしれません。その場合、抑えられるのは脂質なので、糖質を減らすためには量を減らさなくてはいけないのは一緒です。

汁を残す

インスタントラーメンの塩分(汁を含む)は、約5gです。日本人は1日8g程度の塩分摂取が推奨されていますので、1食で5gなんてとっていたら多すぎます。塩分が多いとむくみやすくなり、体重増加にもつながるので気をつけましょう。

野菜を加える

麺とスープだけじゃ見た目も寂しいですし、栄養的にも寂しすぎです。野菜をしっかり加えることで、バランスが整います。

麺と一緒に茹でてもいいし、良質の油(オリーブオイル)で炒めてから乗せてもいいですよ。

タンパク質源の食材を加える

タンパク質は筋肉の材料になる栄養素。

筋肉が増える=基礎代謝が上がる=脂肪が燃えやすくなる

という理想的なシステムが成り立ちます。

卵はゆで卵でも、落とし卵でも、かきたまでもOK!お肉なら脂肪が少なめのモモ肉がオススメです。

卵1個でタンパク質は6gほどなので(1食の理想は20gくらい)、どちらも入れてしまいましょう^^

これは我が家の休日のお昼ご飯です。・・・お肉がなかったのでかき卵だけ。

冷蔵庫のお掃除をするつもりで、余っていた野菜をたっぷり入れてみました。

 

インスタントラーメンを食べるときには、以上のポイントを意識して、気をつけながら食べてみてくださいね。