こんにちは。私ごとですが、3月の末に、初めての胃腸炎を経験しました。

おそらく息子からもらったものだと思いますが、その後は娘、旦那と、続々とみんなで倒れていきました。笑

なんの前触れもなく、突然やってきた吐き気…

普段吐くなんて、ほとんどないことだったから、本当に驚きました。

このあとは39度近くの高熱も出て、ほんとにしんどかったのですが、薬を飲んですぐ症状は落ち着いてきたので、ツライのは1日くらいでした。

咳とか喉が痛いとか、そんな風邪の症状もなかったので、回復は早く、薬ってすごいんだなって改めて感じる良い機会でしたよ。

スポンサーリンク

吐き気があると、もちろんいつものようには食べれなかったので、一応OS 1を飲んで、脱水にならないようにしてました。

「消化に良いものを」とはいうけれど、実際にどんなものを食べたら良いのか、いざという時は迷ってしまいますよね。

今日は、胃腸炎の時の栄養管理と、適した食事について解説していきたいと思います。

自分や家族がもし胃腸炎になってしまった時、参考にしていただければ嬉しいです。

吐き気がある時

吐き気の原因

吐き気の原因は、胃炎や胃潰瘍。粘膜や粘液が胃を守りきれなくなって起こります。粘膜や粘液の材料が不足したり、胃液が過剰になって、部分的に粘膜が弱ったりしてしまい、炎症や潰瘍が生じます。ストレスや暴飲暴食も、胃炎の原因となりますが、ウイルスによる感染性のものもあります。また、ピロリ菌は、胃液を中和して、胃の中に生息し、胃潰瘍や胃がんの発症に関わるため、除去が必要となる場合もあります。

吐き気がある時はどんなものを食べればいい?

①消化に良いものを食べる

胃が弱っている時は、脂質や食物繊維が多いものはNGです。おかゆやうどんなどの「柔らかい糖質」を摂りましょう。

②刺激の強いものは避ける

胃に負担がかかるので、刺激の強い香辛料や、味付けの濃いものは避けましょう。唐辛子やカレーは良くありません。また、食事の温度も重要。冷たすぎるもの、熱すぎるものはやめましょう。

③胃を強くする栄養素を摂る

胃壁や粘膜の材料となるタンパク質や、修復に役立つビタミン類をしっかり摂りましょう。消化を助けるアミラーゼを含む、大根や山芋、ネバネバ成分のなめこ、オクラなどもとり入れると良いですよ。

下痢をしている時

下痢の原因

下痢は体内の毒素や、消化しきれなかったものを排泄しようと、水分を過剰に含む便が1日に何度も排泄される状態です。大量の水分とミネラルが失われるので、脱水症状を引き起こしやすくなります。下痢の原因は、ウイルス、細菌感染によるもの。食中毒、暴飲暴食、ストレス、冷えなどがあります。食中毒の場合は、吐き気や熱発、嘔吐を伴うので、早めに受診をしましょう。

下痢をしている時はどんなものを食べればいい?

①無理して食べない

下痢をしている時は、普段よりも水分を多量に排出しているので、水分不足になりやすく、ミネラルバランスも乱れがちです。水よりも、ミネラルウォーターや野菜スープなどを摂って、水分とミネラルを補いましょう。症状がひどい時は、水分を補給して、食事は控えてもOKです。

②食事が摂れるようになったら

症状が治まったら脂質・食物繊維の少ない食事から始めてください。ご飯はおかゆにし、タンパク質もしっかり摂りましょう。白身魚やささみ、卵などがオススメです。胃炎を伴ってあまり食べられない時は、少量でも栄養のある食事を心がけましょう。

③乳酸菌で腸内環境を整える

ヨーグルトや味噌などの発酵食品は、腸内環境を整えてくれる効果があります。乳酸菌は熱に弱いので、ヨーグルトの場合はそのまま食べる方がよく、味噌汁を作る時は、最後の仕上げの時に味噌を加えましょう。

まとめ

胃腸炎は嘔吐と下痢、どちらも併発している場合がありますので、食べられないことが多いかもしれません。食欲がわかない時は無理して食べようとせず、とりあえずスポーツドリンクなどから水分補給を心がけましょう。

回復してきた時は、脂質が少なく食物繊維の少ないものを意識して摂るようにし、発酵食品も摂りながら、体の環境を整えていきましょう。

病院では、対処療法の場合がほとんどです。胃腸炎の原因が感染性のものであれば、治ることがほとんどですが、慢性的に胃腸炎の症状がある場合は、ストレスやピロリ菌、過敏性腸炎など他の原因が考えられます。回復が見られない場合は、必ず病院に行って、相談してみてくださいね。