みなさん、毎日果物食べていますか?

果物は、ビタミンや食物繊維の補給源で、健康に良いイメージがありますよね。

それだけではなく、食べると幸せな気分にまでさせてくれます。

ですが、「果物は甘いから太るのかな?」と気になったり、「健康的なイメージがあるから大丈夫かな?」と悩むことはありませんか?

今回は、「果物のとりすぎは太る原因になるのか?」をテーマに、解説していきます。

スポンサーリンク

日本人は果物不足?

農林水産省で定められている果物の摂取目安量は1日200gです。しかし、日本人の平均摂取量は1日140g程度と、この数字はクリアできていません。

他の国の果物の摂取量を見てみると、一番多い国のオランダでは1日440g、アメリカでは266gと日本と大きく差があります。

果物は、ガンや生活習慣病の予防が期待される食品で、積極的に摂る方が良いとされています。

ですが、果物は、「高くて買えない」「なくても生きていける」など、嗜好品として認識されることが多いため、優先的に買われないことが多いようです。

果物の200gってどのくらい?


バナナは2本、リンゴなら1個程度に値します。少なく感じますか?多く感じますか?

私は多いなとは感じますけど、できなくはなさそうな数字だなと感じました。ただ、やはり食費がかかるという部分では気になりますね。デザートとしてではなく、食事に組み込んでしまえばいいのかもしれません。

食費の部分は確かに気になりますが、おやつ代を削ったり、外食の頻度を減らすなどして、できればその分を果物に回して欲しいところです。

果物のカロリーは?

果物とひとまとめにいっても、色々な種類がありますので、もちろんそれぞれのカロリーは違います。

一番カロリーの高いバナナ2本で200kcal程度となっています。カロリーの低いイチゴであれば、結構食べれます。

カロリーが高いバナナでも、同じ重量のチョコを食べるよりはカロリーは低くなります。他の栄養素を比べても、ビタミンやミネラル、食物繊維はチョコよりもバナナの方がずっと多いです。

さて、どちらを選びますか?という話です…

答えは1つ、栄養を考えるなら果物ですよね。

まとめ

今回のテーマは、「果物の食べ過ぎは太るのか」でした。

テーマに対しての答えを出すと、

「果物の食べ過ぎは太ります。」になります。

しかしこれは、一気にバナナ一房なんて量を食べてしまった時の話です。現実的ではないですよね。

1日の摂取目安の200gの果物をとっても、カロリーが多すぎるということはありません。なので、安心して果物を食べて下さい。

むしろ、日本人は果物が不足しているので、もっと摂るべきなんです。

どうしてもカロリーが気になる場合は、イチゴやグレープフルーツなど、水分が多くてカロリーの低いものを選びましょう。

間食して摂るのもオススメですよ。

果物を毎日とり入れて、ビタミンやミネラルをしっかり摂取して下さいね。