ダイエット中だとやはり脂質が気になってしまいますよね。サラダ油、霜降り肉、バターやマーガリン、マヨネーズなどなど…

極力避けたいものが多いのではないでしょうか。

実は正しい摂り方をすれば身体に良い働きをしてくれる脂質もあるとされています。

脂質を構成しているのが「脂肪酸」と呼ばれるものですが、この「脂肪酸」の種類によって脂の性質が変わってきます。

「脂肪酸」は大きく2種類に分類されており、「飽和脂肪酸」「不飽和脂肪酸」に分けられます。

乳製品や肉類に多く含まれているのが「飽和脂肪酸」、そしてお魚や植物に多く含まれているのが「不飽和脂肪酸」です。

「不飽和脂肪酸」は身体に良いとされており、この成分が多く含まれているのが今回紹介するオリーブオイルです。

スポンサーリンク

オリーブオイルとは?

オリーブオイルは、オリーブという植物の果肉からそのまま出来る油のため、植物本来の風味や機能を失わず、自然な性質が備わっているとされています。

また、他の油に比べ不飽和脂肪酸の一種である「オレイン酸」という成分が多く含まれているのが特徴です。

ちなみに、他の食品油のほとんどは種子から得られるものとなり、油にする工程で加熱処理などが必要とされています。そのため、植物本来の性質が失われているものが多くなっています。

油が健康に良くないイメージがついているのは、このためかもしれません。

不飽和脂肪酸の働き

「不飽和脂肪酸」の一番の効果は、血中の中性脂肪やコレステロール値を下げることです。

これによって血液がサラサラになり、脂質異常症や動脈硬化などの生活習慣病を防ぐと言われています。

また、体のむくみや便秘を解消する効果も期待でき、女性には嬉しい効果がたくさんあります。

効率アップのとり方

気になるオリーブオイルのとり方ですが、毎朝大さじスプーン2杯程度とるのが良いとされています。

1番身体への吸収が効果的な朝を心がけてみましょう。

また、ダイエット中でも揚げ物って食べたくなる時がありませんか?そんな時はオリーブオイルを揚げ物の油に使用してはいかがでしょうか。

オリーブオイルは数々の油の中でも、揚げ物の油に最適と言われています。油自体が素材へ浸透しづらく、油っぽくならないためです。
他の油で揚げた場合と比べて、余分な油脂の摂取を防ぐことができますよ。

注意点

体に良い作用があるとはいえ、カロリーは他の植物油と変わりません。

オイル10gあたり、90Kcalもあり、摂り過ぎは良くないので、1日の摂取量に気を付けてくださいね。

また、オリーブオイルは保存方法によって美味しく食べられる期間が変わってきます。

冷蔵庫で保存した場合には、オイルが凝固してしまいます。
(凝固自体は悪いことではありませんが、風味が落ちてしまうといわれています)

そのため長期間の保存となる場合には冷蔵庫ではなく、光のあたらない涼しい場所で保管したほうが
風味を長持ちさせて使用することができますよ。

まとめ

ダイエット中だからといって極端に脂質を制限する必要はありません。

身体に良い脂質を摂りこみ、健康的な身体作りを心がけましょう。