人間生きていれば誰でも、いつまでも若々しく元気でいたいと思うのが普通ですよね。

人が老化する原因って何かご存知ですか?老化は体の細胞が傷つくことによって起こります。

老化は成長期以降に進んでいき、誰にでも起こるものです。

しかし、老化の速度を緩やかにし、健康な体でいられるようにすることは可能です。

アンチエイジングの基本は、毎日の食事から。

美しく年を重ね、いつまでも若々しい体でいられるように、必要な栄養素を取り入れましょう。

スポンサーリンク

老化の原因

老化は、遺伝的な要素も関係していますが、体の成分の酸化が原因だと言われています。

なかでも、呼吸によって酸素を取り込むときに発生する活性酸素が1番の原因です。

活性酸素は体を作っている脂質やタンパク質何度も傷つけ、活性酸素を発生させます。

活性酸素が増える原因

偏った食事

ストレス

タバコ

大量のアルコール

紫外線

排気ガス

農薬

過酸化脂質は血管を傷つけて、動脈硬化を起こします。また、DNAを障害して、ガンなどの病気のもとになり、シミやシワ、くすみなどの肌の変化も活性酸素が原因で起こります。

抗酸化物質とは

活性酸素の発生を抑えたり、働きを弱める成分を抗酸化物質といいます。

体内の活性酸素を減らすには抗酸化物質を含む食品が有効です。

抗酸化物質は以下のようなものがあります。

βカロテン・・・緑黄色野菜

ビタミンE・・・ナッツ類・モロヘイヤ

ビタミンC・・・じゃがいも・カラーピーマン

フラボノイド・・・玉ねぎ・ブロッコリー・柑橘類・そば

アリシン・・・ニンニク・ネギ類

カテキン・・・緑茶

リコピン・・・トマト

特に濃い色の野菜や果物に多く含まれているので、積極的にとり入れてみてくださいね。

まとめ

アンチエイジングとは、単に若く見せるということではなく、より質の高い生涯を送るために、いかにして健康を保つか、そのための予防医学でもあります。

効果のある食品を取り入れて、いつまでも若々しく元気な体でいたいですね。