モデルさんやタレントさんって、よく水を持ち歩いているイメージがありますよね。そんな様子を見て、ダイエットや美容には、水分が大切ということをなんとなく感じている人も多いのではないかと思います。

でも、それがなぜだかわかりますか?理由はわからなくても、なんとなくたくさん飲んでるという人もいるのでは?

また、1日にどのくらいの水分をとれば良いのか、正しい量を知っていますか?適量を超えてガブガブ飲むのはあまり意味がありません。

今回は、ダイエットにおける水分の重要性と、1日に必要な水分量、オススメの飲み物について解説します。

スポンサーリンク

1日に失われる水の量は?

水分は、汗や代謝に使われるものと、排泄によって外に出されるものがあります。この量を合わせたものが、約2300mlと言われています。

なので、1日に必要な量はそれと同量の約2.3Lとなります。しかし、これは飲む水分だけで補う必要はありません。ごはんやおかずなどにも水分は含まれているからです。

飲みものから摂る水分の目安としては、1.5〜2.0Lほどが適量とされています。飲めば飲むだけ良いというわけではなく、余分にとりすぎると吸収されずに排出されてしまいます。

水分が足りないとどうなるの?

水分は、代謝を良くするために必要です。また、水分が不足すると、便秘にもなりやすくなります。どちらもダイエットにおいてはとても重要ですよね。

水分は一度に吸収される量が決まっているので、ガブ飲みをすることはあまり意味がありません。

喉が渇いたと感じる前に、こまめにコップ一杯程度の水分を取るようにしましょう。

また、食事中も飲み物を飲むことで、胃が落ち着き、食べ過ぎを防ぐことも期待できます。

オススメの飲み物

ダイエット中ですので、もちろん砂糖の入った甘い飲み物は飲まない方が良いのは言うまでもありませんが、注意したいのが、脱水作用のある、カフェインの含まれているものです。

コーヒーや紅茶はもちろん、緑茶やウーロン茶にもカフェインが含まれていますので、水分補給の視点から見ると、あまりオススメではありません。

ダイエット中の飲み物として、一番適しているのはやはりお水で、水道水は不純物が多いので、ミネラルウォーターが良いでしょう。

そのほか、お茶なら麦茶やほうじ茶、ルイボスティー。市販のものでは爽健美茶や十六茶はノンカフェインです。

私はいつもルイボスティーを飲んでいます。味が好きという理由もありますが、安眠のお茶とも呼ばれていて、眠りにつきやすくしてくれる効果もあるようですよ。

お気に入りの飲み物を見つけて、水分補給を意識してこまめにとり、代謝をアップさせてあげましょう。