明けましておめでとうございます。

1年というものはとても早いものですね。

今年も悔いのないように、毎日を大切に過ごしたいと思っています。

そして、何事も前へ進めますように。

自分の中での目標はたくさんありますが、形にしていくことで、現実に近づけるような気がします。

思い立ったら即行動。好奇心を大切にしていきたいですね。

スポンサーリンク

さてさて、ダイエッターの皆さん、年末年始はどう過ごされましたか?

私は糸が切れてしまったのか、気を許してしまい、1.5キロほど太ってしまいました。クリスマス頃から、ご馳走続きで、休む暇なく美味しいものを食べていたような気がします。

 

でも、これは実験!と言い聞かせ、何をどのくらい食べたら太るのか、検証しましたよ。結論からいうと、年末年始には、やはり、糖質が多くなります。

ピザ、ケーキ、お寿司、おもち、そば、うどん、ごはん、根菜…などなど。

フライや天ぷらみたいな揚げ物はあまり食べた記憶がないのですが、とにかく糖質はよく食べました…

 

私は極端な糖質制限は必要ないと考えているのですが、糖質が多くなると、どうしてもたんぱく質や野菜類が少なくなってしまいます。

「完全な糖質制限は必要ないけど、とり過ぎはダメ。」これに尽きます。

同じカロリーの摂取でも、糖質多めの場合と、少なめの場合は、もちろん後者の方が太りにくいです。

 

それは、「糖質が太る原因だから」というよりは、「他の大事な栄養素が不足するから」なんです。

この大事な栄養素とは、筋肉を作るためのたんぱく質や、代謝を上げるためのビタミンやミネラルのことです。

なので、バランスが大切というのは、糖質ばかりとっていると、代謝を良くするためのビタミンやミネラルが足りずに、脂肪が燃焼されにくくなるからです。

 

この年末年始に私が太ったのは、もちろん食べ過ぎたというのもありますが、たんぱく質、ビタミン、ミネラルの不足が原因でもあります。

 

ダイエットは、単純なようで複雑です。簡単に太れても、痩せるのは大変で、ため息が出ちゃいますよね…量を抑えるだけではなく、栄養素のバランスを見ながら、より効果的にダイエットを行うことが大切なんですねー。

 

それでは明日から、また私はダイエット生活の始まりです。元に戻るのにどのくらいかかるのでしょうか…